梅雨明けて暑さ本番 昨年より16日早く 8地点で真夏日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 気象庁は16日、群馬県を含む関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より3日早く、1951年の統計開始以降4番目に遅い梅雨明けだった昨年より、16日早かった。

 16日の県内は高気圧に覆われて日差しが強まり、気温が上昇した。最高気温は桐生34.2度、館林34.0度、みなかみ30.4度など、8地点で30度以上の真夏日となり、館林とみなかみでは今年最高気温を記録した。

 高校野球の全国選手権群馬大会の2回戦が行われた同日、上毛新聞敷島球場の三塁側スタンドでは、紺碧(こんぺき)の空に輝く太陽の下、安中総合学園高のダンス部40人が鮮やかな赤いユニホームで野球部の応援を繰り広げた=写真。(まとめ 須永彪月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事