関越道で大型トラック横転、運転の男性死亡 荷台大きく壊れ、のり面で横倒しに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のり面で横転した大型トラック=17日午前7時50分ごろ、吉岡町下野田

 17日午前3時50分ごろ、群馬県吉岡町下野田の関越道上り線で、浜松市の男性会社員(53)が運転する大型トラックが、走行車線の左側に設置されたガードロープを押し倒し、のり面で横転した。男性は前橋市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。巻き込まれた車両などはなかった。県警高速隊は、目立った外傷がないことから男性が病死した可能性もあるとみて、死因や事故原因を調べている。

 高速隊によると、現場は片側2車線の直線道路で、近くの男性住民が「大型トラックがのり面に落ちている」と110番通報した。

 大型トラックはのり面と側道の境界近くで横倒しとなり、荷台などが大きく壊れていた。

 事故の影響で、上り線は渋川伊香保インターチェンジ(IC)―前橋IC間が、同日午前10時から2時間にわたり、通行止めとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事