平和へ思い込め桐生織で鶴制作 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 平和への思いを形にしようと、子どもたちが桐生織の生地や折り紙で鶴を作る企画が17日、群馬県桐生市東の織物参考館“紫”で開かれた。小中学生約20人を含む約50人が参加し、争い事のない世界を願いながら一つずつ丁寧に完成させた=写真

 「桐生の『織づる』を届けよう!」と題した企画で、市遺族会(小池恵一会長)が主催した。桐生中央中1年の園田莉菜さんが小学6年時の総合学習の課題で、広島・平和記念公園に寄せられる千羽鶴の逸話に心を打たれて提案したアイデアを基にした。(千明良孝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事