夏休みも元気に 小中学校で終業式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内34市町村の小中学校が20日、1学期の終業日を迎え、子どもたちに通知表が手渡された。1カ月以上の長い夏休みが始まる。

 全校児童178人の東吾妻原町小では、体育館で終業式が開かれ、小林秀之校長が「夏休みも、うがい、手洗い、検温を毎日続けましょう」とコロナ下での健康管理を呼び掛けた。式後、1年生の教室では担任教諭が「ひらがなを頑張りました」「歌が上手です」などと声を掛けながら、初めての通知表を児童に手渡していた=写真。(関坂典生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事