輪積みして模様縄文土器焼けた 太田小6年生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東吾妻太田小(岩崎琢郎校長)は、東吾妻町の同校で縄文土器作りの授業をした
写真。6年生17人が模様を入れた土器を学校グラウンドに並べ、火で焼き上げた。

 高山尚斗教諭が「思い出に残る楽しいことをしよう」と、社会の授業で縄文時代について教えた後、図工の時間で土器作りをした。児童は本物の土器のように粘土を輪積みし、麻ひもで模様を付けた。
(関坂典生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事