《東京五輪》阿部兄妹(柔道)金 大橋(競泳)、堀米(スケボー)頂点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そろって金メダルを掲げる男子66キロ級の阿部一二三と女子52キロ級の詩=日本武道館
女子400メートル個人メドレーで優勝し喜ぶ大橋悠依(右)=東京アクアティクスセンター/男子ストリート決勝で喜ぶ堀米雄斗。金メダルを獲得した=有明アーバンスポーツパーク
 

 東京五輪第3日の25日、柔道で男子66キロ級の阿部一二三(23)=パーク24=と女子52キロ級の阿部詩(21)=日体大=の兄妹がそろって金メダルを獲得した。日本オリンピック委員会(JOC)によると、男女のきょうだいが五輪のメダルを取るのは日本初。女子52キロ級の日本勢制覇も初めてで、男子66キロ級は2008年北京五輪以来、3大会ぶり。

 競泳の女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(25)=イトマン東進=が優勝し、女子個人メドレーで初の金メダル。新競技スケートボードの男子ストリートで堀米雄斗(22)=XFLAG=も初代王者となり、日本は1日で金メダル4個と量産した。前日の柔道男子60キロ級の高藤直寿(28)=パーク24=と合わせ今大会5個。

 ソフトボールの日本は1次リーグでカナダに1-0でサヨナラ勝ち。4連勝で27日の決勝に進み、銀以上が確定した。卓球の混合ダブルスで水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=のペアは26日の決勝に進出し、銀以上を決めた。

 サッカー男子1次リーグの日本はメキシコを2-1で破り2連勝、決勝トーナメント進出へ前進した。

 テニス女子シングルスでは、大坂なおみ(23)=日清食品=が1回戦を突破した。バドミントンは男子シングルスで優勝候補の桃田賢斗(26)=NTT東日本、女子シングルスで前回銅メダルの奥原希望(26)=太陽ホールディングス=がともに初戦で勝利した。

 フェンシング男子エペ個人の見延和靖(34)=ネクサス=は3回戦で敗れた。志賀光明(29)=登利平、前橋商高出身=が出場した水球男子の日本は1次リーグ初戦で米国に13-15で惜敗した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事