《新型コロナ》群馬県内新たに52人が陽性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症で、群馬県と前橋、高崎両市は27日、新たに10歳未満~80代の男女52人の陽性が判明したと発表した。1日当たりの発表人数が50人を超えるのは、64人だった5月26日以来。県内での感染確認は、再陽性も含め累計8377人(うち155人死亡)となった。

 高崎市によると、27日までに同市寄合町のキャバクラ店「CLUB MAQUIA(クラブ マキア)」で従業員5人の陽性が判明した。市は不特定多数への感染拡大の恐れがあるとして店名を公表、19~23日の利用者に保健所への相談を呼び掛けている。クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。

 デルタ株(インドで確認された変異株)が含まれ、拡大が懸念されるL452R変異株について、県は10~50代の男女21人から新たに検出されたと発表した。1日当たりの発表人数としては最多。県内での確認は計89人となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事