沼田高と沼田女高が統合へ 山本知事が方針表明 地元は了承
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の利根沼田地区の高校再編を巡り、山本一太知事は27日、群馬県沼田市内で開かれた懇談会で、沼田高と沼田女子高を統合する方針を表明した。県教委によると、首長ら地元代表者45人が出席し、了承された。15年以上にわたる紆余(うよ)曲折を経た両校の統合が事実上決まった。

 山本知事は冒頭で「地域の中核校として、高いレベルの進学を目指す、魅力ある新校を整備することが必要。地域代表の意見を聞いて方向性を決めたい」と述べた。県教委によると、非公開の会合で首長や議長、同窓会、小中高PTA、商工農業の代表者らが発言。最後に全体に了解を求めると異論はなかったという。(高野聡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事