子ども対象に木工教室 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 夏休みの子どもを対象にした木工教室が27日、群馬県渋川市の渋川公民館で開かれた。地元の小学生ら16人が参加し、接着剤で木材を組み合わせ、思い思いの作品を作り上げた=写真

 市内で絵や工作を指導している「ホワイトデザイン」の平石春江さんらが講師を担当し、ビー玉転がしや貯金箱を制作した。子どもたちは「どういう材料を使うか」「どう転がしたら面白いかな」といったアドバイスに耳を傾けた。
(赤尾颯太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事