「さよなら」は前に進む力 日航機事故遺族の美谷島さんが長野で講演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講演する美谷島邦子さん=31日午後、長野県安曇野市

 1985年の日航ジャンボ機墜落事故の遺族らでつくる「8.12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん(74)と、絵本作家のいせひでこさん(72)が31日、長野県安曇野市で講演した。2人は昨年、墜落現場に植えられたもみの木をモデルにした絵本を出版。悲しみと向き合うことで、残された人は前に進むことができるとして、「さよなら」の言葉の持つ力を語った。

 「絵本美術館&コテージ 森のおうち」(同市)が主催。美谷島さんは事故で次男の健君=当時(9)=を亡くした。絵本「けんちゃんのもみの木」は「犠牲になった子どもたちにクリスマス会を」と願い、現場となった群馬県上野村の御巣鷹の尾根に植えられた木をもとに命の重さを描いた。

 美谷島さんは集まった約40人を前に、いせさんの絵を通じて「『さよなら』という健の声を聞いた」と語った上で、「世界で起こる戦争や病などによる不条理な死で、別れの時間が省かれている」として「さよなら」の言葉の大切さを強調。「悲しみと向き合い共有し、残された人への前に進んでいいよというエールだ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事