新種目の柔道混合団体は銀 連日の金、途切れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東京五輪第9日の31日、柔道の日本は新種目の混合団体で銀メダルを獲得した。1チーム男女3人ずつが出場し、決勝ではフランスに1-4で敗れ、初代王座を逃した。日本選手団は開会式翌日から続いていた金メダルが途切れた。柔道は今大会、初日から個人戦で7日連続優勝し、金が過去最多9、銀2、銅1の計12個だった。

 ボクシングは女子フェザー級の入江聖奈(20)=日体大=が3日の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。アーチェリーは男子個人で古川高晴(36)=近大職=が銅メダル。2012年ロンドン五輪個人の銀、今大会団体の銅に続き3個目のメダルとなった。

 サッカー男子の日本は準々決勝でニュージーランドと対戦。0-0からのPK戦を制し、2大会ぶりに4強入りした。3日の準決勝でスペインに挑む。

 ゴルフ男子は第3ラウンドを終え、マスターズ・トーナメント王者の松山英樹(29)が首位と1打差の2位に浮上した。

 陸上の男子100メートルで、9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)=セイコー、多田修平(25)、小池祐貴(26)=ともに住友電工=はいずれも予選落ちした。女子100メートル障害の寺田明日香(31)=ジャパンクリエイト=は準決勝に進んだ。

 野球の「侍ジャパン」は1次リーグ最終戦でメキシコを退けて2連勝とし、準々決勝進出を決めた。

 青木千佳(31)=ネクサス、田村紀佳(30)=旭興業、高崎商大附高出身=が出場したフェンシングの女子サーブル団体は米国との5、6位決定戦を45-43で競り勝ち、5位となった。清水麻有(23)=日体大大学院、農大二高出身=が出場したラグビー7人制女子は11、12位決定戦でブラジルに12-21で敗れ、5戦全敗で最下位。志賀光明(29)=登利平、前橋商高出身=が出場した水球男子は前回リオデジャネイロ五輪3位のイタリアに8-16で敗れて4連敗となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事