映画「葛根廟事件の証言」田上監督が思い語る 高崎電気館でイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影時の心境などを話す田上監督

 群馬県高崎市出身の田上龍一監督(47)のドキュメンタリー映画「葛根廟(かっこんびょう)事件の証言」のオンライントークイベントが1日、同市の高崎電気館で開かれ、田上監督が証言者と向き合った撮影時や、制作に込めた思いなどを語った。

 葛根廟事件は、終戦前日の1945年8月14日に旧満州の葛根廟近くで、日本人避難民が旧ソ連軍の襲撃に遭い千人以上が死亡した事件。映画は、生存者ら12人の証言を基に事件をたどり、被害者の人生がどう変わったかを描いている。証言者の一人として、みなかみ町出身の大島満吉さんが出演している。

 上映後にビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って行われたイベントには50人が来場した。田上監督は撮影で事件現場を訪れた際のことを回想。山は静寂に包まれ、凄惨(せいさん)な事件が起きた場所には思えず、かえって恐怖を感じた体験を紹介した。
(村山拓未)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事