困窮者に食料支援 「フードバンクたまむら」開設 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンしたフードバンク前でドギーバッグを持つスタッフ

 食品ロスの解消と生活困窮者への支援として、群馬県玉村町は1日、同町下新田のふるハート交流館内に「フードバンクたまむら」を開設した。大型の冷蔵庫と冷凍庫を設置し、受け入れた生鮮食品などを一定期間、貯蔵する機能を備えた。集まった食料品は困窮者らに提供する。21日には内覧会が開かれる。

 NPO法人「おたがいさま」(同町)が運営。町と同法人は、町内外の企業などから、米や生鮮食品、賞味期限が2カ月以上あるレトルト食品、水などの寄付を募っている。食料品の提供対象は、町が生活困窮などの相談を受け、必要と判断された町民。(土屋麻里)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事