《東京五輪》体操男子・橋本2冠 ボクシング・入江が女子初制覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体操男子種目別鉄棒決勝で演技を終えガッツポーズする橋本大輝=有明体操競技場
ボクシング女子フェザー級で優勝し、表彰式で金メダルを持つ入江聖奈=両国国技館
 

 東京五輪第12日の3日、体操は男子種目別決勝の鉄棒で橋本大輝(19)=順大=が優勝した。個人総合に続く金メダルで、団体の銀を含め3個目のメダルとなった。鉄棒で日本勢の優勝は1984年ロサンゼルス五輪の森末慎二以来37年ぶり。ボクシングは2012年ロンドン大会から採用された女子でフェザー級の入江聖奈(20)=日体大=が日本選手初の金メダルを獲得した。日本の金は今大会19個となり、そのうち女子種目が9個で過去最多の04年アテネ五輪に並んだ。

 レスリング女子62キロ級の川井友香子(23)=ジャパンビバレッジ=と卓球女子団体の日本は決勝に進み、ともに銀メダル以上を決めた。卓球女子は3大会連続のメダルで、男子も4強入りした。

 サッカー男子準決勝の日本は延長戦の末に0-1でスペインに惜敗。銅メダルだった1968年メキシコ五輪以来53年ぶりのメダルを懸け、3位決定戦(6日)ではメキシコと対戦する。

 レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級の屋比久翔平(26)=ALSOK=は銅メダル。女子68キロ級の土性沙羅(26)=東新住建=は3位決定戦で敗れた。

 ボクシング男子フライ級の田中亮明(27)=岐阜・中京高教=は準決勝に進出。3位決定戦がないため、メダルが確定した。五輪初実施のスポーツクライミング男子複合は楢崎智亜(25)=TEAM au=が予選を2位で突破した。

 陸上の女子やり投げで北口榛花(23)=JAL=が日本選手57年ぶりの決勝に進出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事