遊休農地に2000本の花 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市上増田町の「水・土・里会」(岡田光一会長)は町内の遊休農地で、サルビアやマリーゴールドなどを約2000本植えた=写真

 会員10人が参加し、トラクターで農地を整地し、花を植えた。作業した岡田百合子さんは「きれいな花を見て気持ちをリフレッシュしてほしい」と話した。同会は農地を中心に地域の環境を整備する活動をしている。5月には、町内の遊休農地で、前橋笂井小の児童と保護者向けにサツマイモの苗を植える農業体験も行っている。(栗原綾菜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事