倉庫が“大麻工場”に… 大麻草266鉢押収 ベトナム男4人を栽培容疑で逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊勢崎市の倉庫で違法栽培されていた大麻草(群馬県警提供)
押収された大麻草
大麻草が栽培されていた倉庫=伊勢崎市三室町

 群馬県伊勢崎市内の倉庫で大麻草を栽培したとして、県警組織犯罪対策課と伊勢崎署などは25日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培など)の疑いで、伊勢崎市日乃出町、無職の男A(25)らベトナム国籍の男4人を逮捕した。県警は倉庫から大量の大麻草を押収した。グループの実態解明を進める。

 他に逮捕したのはいずれも同所で、無職の男B(28)、無職の男C(30)、自称アルバイトの男D(28)の3容疑者。

 男Dの逮捕容疑は仲間と共謀して昨年4月4日午後5時25分ごろ、同市香林町の倉庫で、営利目的で大麻草144本を栽培し、大麻草7177グラムを所持した疑い。他の3容疑者は共謀して今年8月24日午後6時15分ごろ、同市三室町の倉庫で大麻草を営利目的で栽培した疑い。県警は4人の認否を明らかにしていない。

 県警は関係先を捜索し、同市三室町の倉庫から大麻草266鉢を押収した。倉庫内は栽培や乾燥などの工程別に区切られ、効率よく育てるため多数の照明が配置されていた。

 近くの男性会社員(40)は「周辺で外国人をよく見掛けた」と振り返った。男子中学生(13)は「暗闇で植木鉢を運んでいる人を見たことがある」と話した。

 同市香林町の倉庫については昨年4月に発見しており、県警は男Dの行方を追っていた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事