15日ぶり猛暑日 26日の県内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は26日、高気圧に覆われて広い範囲で気温が上昇した。最高気温は伊勢崎が36.8度で全国3位となったほか、館林が36.7度で5位、前橋が今年最高の36.6度で6位、桐生が36.5度で9位などと上位を占めた。上里見(高崎)でも36.0度を観測し、全13観測地点のうち5地点で35度以上の猛暑日となった。

 県内での猛暑日は11日に館林で35.2度を記録して以来15日ぶり。環境省と気象庁は16日ぶりに、本県に熱中症警戒アラートを発表した。JR前橋駅前では霧雨のようなミストシャワーが降り注ぐ中、日傘を差しながら歩く人の姿が見られた=写真。前橋地方気象台によると、最高気温はほかに、沼田34.3度、中之条34.2度、西野牧33.8度など。(まとめ 須永彪月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事