伊佐さんMVP テクニカル部門で4連覇 ぐんまプログラミングアワード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テクニカル部門で4連覇を果たし、上毛新聞社の内山充社長(左)から表彰された伊佐さん
対戦ロボットバトルキングを操縦する子ども
来場者でにぎわう企業ブース展示された電気自動車(左)と自動運転車

 プログラミング力のコンテスト「ぐんまプログラミングアワード(GPA)2021」(上毛新聞社主催、クライム特別協賛)の最終審査が28日、前橋市のベイシア文化ホール(県民会館)で開かれ、2次審査を通過した28組70人が4部門でアイデアや思考力を競った。MVP・総務大臣賞にはテクニカル部門で4連覇した「I」の伊佐碩恭(ひろたか)さん(東京大医学部5年)が輝いた。

特集紙面はこちら

 小中学生がゲームなどソフト作りを競う「ジュニア部門」や、プログラミングの正答数と速さを競う「テクニカル部門」、新設の「IoT部門」などで行った。テクニカルは高校生以下と一般で分かれて競った。

 大会はプログラミングの人材育成や教育推進のために開いており、4回目。入場者数を制限するなど感染症対策を徹底し、インターネットでも配信した。出場者のうち小学生1チームが全国選抜小学生プログラミング大会に出場する。(宮村恵介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事