「E4系 Max」ラストラン 催し、グッズで盛り上げ JR東
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上越新幹線のオール2階建て車両「E4系 Max」が10月1日に定期運行を終了するのを前に、JR東日本新潟支社は29日までに、一部停車駅や鉄道博物館(さいたま市)などでラストランイベントを開催すると発表した。長年親しまれた車両のラストランを盛り上げ、乗客に楽しんでもらう狙い。

 群馬県の高崎駅では9月4、5日、改札外の中央コンコースでオリジナルグッズを販売する。大宮、上野、東京、新潟の各駅も、別の日程でグッズ販売などを行う。上毛高原駅での予定はない。

 同18、19日には親子限定で、上野駅からE4系に乗車し、東京の車両センター内で洗浄機の通過や車内放送などを体験できるイベントを予定。同25、26日には鉄道博物館で、小学生を対象に現役の乗務員がトークショーを開く。

 E4系は、同社で2代目のオール2階建て車両として1997年に東北新幹線で運行開始、2001年に上越新幹線でも運行を始めた。(平山舜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事