《東京パラ》杉浦が最年長50歳で金 自転車女子個人ロードTT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で金メダルを獲得した杉浦佳子。日本勢最年長での優勝を果たした=富士スピードウェイ
 

 東京パラリンピック第8日の31日、自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が日本勢最年長の金メダルを獲得した。1996年アトランタ大会で柔道71キロ級優勝の牛窪多喜男の46歳を上回った。日本の「金」は5個目。

 ボッチャ個人の脳性まひBC2で、杉村英孝(39)=伊豆介護センター=が銀メダル以上を確定させた。準決勝でブラジル選手に3-2で勝って1日の決勝に進んだ。

 陸上男子1500メートル(視覚障害T11)は和田伸也(44)=長瀬産業=が2位となり、5000メートルの銅に続く表彰台。県勢の唐沢剣也(27)=県社会福祉事業団=は4位。

 車いすテニスは女子シングルス準々決勝で前回3位の上地結衣(27)=三井住友銀行=が中国選手を退けて4強入りした。男子ダブルス準決勝の国枝慎吾(37)=ユニクロ、真田卓(36)=凸版印刷=組は敗れ、3位決定戦に回った。

 競泳男子200メートル個人メドレー(知的障害)決勝で東海林大(22)=三菱商事=は4位だった。

 車いすバスケットボールの日本女子は準々決勝で2018年世界選手権優勝のオランダに敗れた。

 群馬県勢の園部優月(17)=筑波大付属視覚特別支援学校高等部3年、富岡市出身=がメンバー入りしている5人制サッカーの日本は1次リーグ最終戦で中国に敗れ、4強入りを逃した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事