直下型地震備え訓練 前橋署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋署(須永盛男署長)は1日、防災の日に合わせ、前橋市総合教育プラザで機能移転訓練を行い、署長以下13人が、大規模災害発生時の対処について再確認した。

 訓練では、県南部を震源とする最大震度6強の直下型地震が発生し、倒壊の恐れがあるため、同署庁舎が使用できなくなったと想定。同プラザ研究室に設置された災害警備本部に無線を備え、県警本部や管内の交番、無線付きパトカーと連絡を取り、道路の亀裂やけが人など被害状況をハザードマップに集約した=写真。(須永彪月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事