障害者施設「桐生みやま園」 旧川内北小に移転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 学校施設などの跡地の利用方法を検討している群馬県桐生市は8日、郷土資料収蔵施設・社会体育施設として活用している旧川内北小を、障害者施設「桐生みやま園」(同市川内町)の移転用地に決めたことを明らかにした。同日開かれた市議会公共施設のあり方等調査特別委員会で報告した。

 市企画課によると、2023年度末までに郷土資料収蔵施設の収蔵品などを同市新里町内の市有倉庫に移し、24年度に建物の解体工事を予定。桐生みやま園を運営する市社会福祉協議会は今後、開設時期など具体的な検討を進める。(千明良孝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事