医療安全願い校舎ライトアップ 高崎健康福祉大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 世界保健機関(WHO)が定める世界患者安全の日(17日)を前に、医療の安全へ意識向上を図ろうと、高崎健康福祉大などは9日夜、関連イベントとして高崎市の同大校舎をライトアップした=写真

 世界患者安全の日はWHOが2019年に制定し、今年で3年目。同大でのライトアップは昨年に続く2回目。県医師会、群馬大などが共催した。校舎を世界患者安全の日のイメージカラーのオレンジにライトアップ。高崎健康福祉大の教職員や家族など関係者約30人が、世界患者安全の日やサブテーマの「母子の安全」が書かれた横断幕を持ち、写真を撮影した。
(平山舜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事