DX推進でビデオ会議 吉岡・明治小が実践例紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビデオ会議システム上で吉岡明治小の取り組みを語る井堀教諭(右下)

 デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた課題を考える「コレカラ会議」(リクルート主催)が10日、ビデオ会議システム上で開かれた。教育現場でのDX推進事例として群馬県吉岡町の吉岡明治小の教諭が登壇し、「DX推進の課題はデジタル格差なのか?」をテーマに多角的な考察が交わされた。

 同会議はリクルートが各業界の分析を目的に定期的に実施。同社サービスを利用する顧客の声を踏まえ、業界を横断した問題提起や課題解決を目指している。同校は同社の学習支援ソフト「スタディサプリ」を活用していることなどから、参加した。(赤尾颯太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事