幸運の使者?白いツバメ 太田の須永さん撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県太田市新田市野井町の須永謙二さん(68)が、自宅近くで白いツバメ=写真=を撮影した。須永さんは「縁起が良い。今年は宝くじが当たるなどいいことがあるかもしれない」と喜んだ。

 白いツバメを発見したのは、6日午前8時半ごろ。朝食後に自宅2階の窓を開けると、家の裏側の用水路の周辺を旋回していたという。急いでカメラを持ち出し、夢中で撮影した。

 日本野鳥の会群馬(高崎市)によると、このツバメは尾羽の形状から幼鳥とみられる。メラニン色素を作る機能が先天的に欠乏している「アルビノ」ではなく、体の一部にれんが色や黒帯模様が見られることから、何らかの遺伝子変異で白色化した可能性が高いという。(中村穂高)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事