色とりどりのおはぎずらり 彼岸に色添える 和菓子店、準備に追われる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 秋の彼岸を前に、和菓子店などでおはぎ作りが盛んになっている。群馬県高崎市大橋町の「ももすず」は、あんこだけでなく、きなこやずんだ、紫芋など16種をそろえる専門店。店頭販売のほか、出張販売などの準備に追われている=写真

 通常は店のカウンターで注文を受け、出来たてを販売するが、彼岸やお盆など混雑が予想される時は、あらかじめ用意したセットを棚に並べる。

 彼岸期間中、セット販売以外を希望する場合は前日までに予約する。問い合わせは同店(電話027-335-6869)へ。(大橋周平)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事