県産花の魅力発信 バラやキキョウ60種展示 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多彩な県産の花を見る来場者

 群馬県産の花の魅力を知ってもらおうと、「ぐんまの花展示会」(県花き振興地域協議会主催)が18日、伊勢崎市のスマーク伊勢崎で始まった。県内各地で生産される約60種類の切り花と枝物が会場を彩り、来場者を楽しませている。19日まで。

 同協議会は「魅力の発信により、産地の認知向上と、花きの需要喚起を図りたい」としている。会場の入り口はアジサイなどで華やかに飾り、フォトスポットのようにしている。展示は午前10時~午後5時。
(土屋麻里)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事