嵩山城 御城印でPR 町と吾妻歴史交流会が作成 中之条
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「町の歴史を見直し、PRにつなげていきたい」と話す片貝会長と、販売を始めた嵩山城の御城印

 群馬県中之条町の歴史をPRしようと、吾妻歴史交流会(片貝正明会長)は町と協力し、嵩山城の御城印を作成した。町内の観光施設や博物館で販売している。

 岩櫃城(東吾妻町)を守る支城の役割を担った嵩山城は、室町時代中期に開かれたとされる山城。戦国期に真田幸隆の攻略で岩櫃城が落城し、嵩山城主だった斎藤城虎丸がこの山城に立てこもって激しく抗戦するも、最期は大天狗と呼ばれる峰から身を投じて滅びたとの悲話が残る。(桜井俊大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事