活動時間「こま制」に 部活動改革 伊勢崎市検討委が独自指針
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市立中学校の部活動に関する独自ガイドライン策定に向け、群馬県の伊勢崎市教委が設置した外部有識者による検討委員会は、平日は上限3時間、休日は上限4時間を「1こま」とし、1週間の活動時間を原則5こま以内とすることを柱とする答申案をまとめた。近く市教委に提出する。

 休養日は原則、平日1日と土日のどちらか1日とした。その上で大会日程や大会に向けた活動時間の増加など現実的な事情に考慮しながら、長時間化を防ぐため、弾力的に運用できるこま制を採用した。

 例えば平日に4こま、土曜日に1こまとしたり、平日に3こま、土曜日に2こまとするなど選択肢が増える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事