小さなドローン縦横無尽 急加速に急カーブ 前橋で全国大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弁天通り商店街を高速で飛び回るドローン

 ドローン操作の速さや正確さを競う「ジャパンタイニードローンチャンピオンズリーグ」第9戦が25日、群馬県前橋市の弁天通り商店街で行われた。手のひらに乗るほどの小さなドローンがアーケードの下を自由自在に飛び回り、来場者を驚かせた。

 第9戦には18人が参加した。商店街のさまざまな場所に縦横50センチ、または直径50センチの穴を開けた板が21枚設置され、ドローンがその穴を順番にくぐり抜ける速さを競った。今大会限定でだるま柄の板に穴を開けたものもあった。レースが始まると、ドローンは目で追うのも難しいほど急加速し、急カーブして飛行した。(斎藤洋一)

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事