群馬県産食材で創作フレンチ 片山シェフが調理しネット配信 前橋・白井屋ホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県産食材を使って創作フレンチを作る片山シェフ(中央)

 群馬県産食材の魅力を発信しようと、県は26日、フランス料理のデモンストレーションを行った。白井屋ホテル(前橋市)内の「ザ・レストラン」シェフの片山ひろさん(36)=高崎市出身=が、上州地鶏やひもかわうどんを使った創作フレンチを実演した。

 色とりどりの野菜とひもかわうどんを重ねて焼き上げた前菜「ひもかわうどんのミルフィーユ仕立て」とメインの「上州地鶏のソテー りんごのマリアージュ」のほか、こんにゃくゼリーをアレンジしたデザートを作った。

 レストランから調理の様子をネット配信し、首都圏の主婦やネット上で影響力を持つ「インフルエンサー」らが視聴した。レシピはイベントのために考案した比較的簡単なもので、参加者には食材を送り、後日実践してもらう。
(丸山卓郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事