群馬県警本部長が事故を謝罪 県議会一般質問で 運転中に人身事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県警の千代延晃平本部長は27日の県議会一般質問で、自身が車を運転中に人身事故を起こしたことについて謝罪した。質問への答弁に先立ち、「改めて被害者の方に心よりお見舞いとおわびを申し上げます。本部長の立場にありながら、秋の全国交通安全運動の期間中にもかかわらず事故を起こしてしまい、県民の皆さまにも大変申し訳なく感じている」と述べて頭を下げた。

 千代延本部長は被害者に誠意を持って対応していくとした上で、「決意を新たに群馬県の治安の維持向上に向けて全力で取り組んでいく」とした。

 事故は23日に前橋市柏倉町で発生。千代延本部長が運転する乗用車が林道上にいた男性にぶつかり、男性は軽傷を負った。(真下達也)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事