アサギマダラ休憩中 赤城町の民家 花に集まる 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日本列島を数千キロ移動するチョウとして知られる、アサギマダラが群馬建渋川市赤城町深山の民家に飛来し、周辺の住民を楽しませている=写真

 民家は、同町に生息する県指定天然記念物「ヒメギフチョウ」の保護活動などに取り組む須田昭司さん(69)=前橋市=の実家。春にはヒメギフチョウが姿を現すが、須田さんは「秋にも子どもや近くの人たちにチョウを楽しんでほしい」とアサギマダラが好むフジバカマの花などを植えている。(奥木秀幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事