県営43団地に浸水の恐れ 水害時に50センチ以上  5~10メートル未満は4カ所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 水害時の県営住宅の浸水リスクについて、群馬県は9日までに、43団地で50センチ以上の浸水の恐れがあると明らかにした。県は住民に浸水リスクや避難方法を周知するチラシを作製し、避難訓練を行うなどして、危険が迫る場合の適切な避難につなげたいとしている。

 県と県住宅供給公社によると、想定される浸水の深さが50センチ以上3メートル未満は37団地、3メートル以上5メートル未満は2団地、5メートル以上10メートル未満は4団地。10メートル以上は該当がなかった。深さ50センチ以上で1階、3メートル以上では2階がそれぞれ床上に水が達する恐れがある。深さが7メートルを超えると3階でも床上まで水に浸る可能性がある。
(山田祐二)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事