トラック荷台から柔軟剤? 液体漏れで国道17号が一時通行止め 転倒でけが人も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柔軟剤とみられる液体が漏れた国道17号上り線=11日午後8時25分ごろ、高崎市常盤町(画像を一部加工しています)
砂状の吸着剤がまかれた国道17号上り線=11日午後8時10分ごろ、高崎市常盤町(画像を一部加工しています)

 11日午後4時50分ごろ、群馬県高崎市常盤町の国道17号上り線を走行していたトラックの荷台から、柔軟剤とみられる液体が漏れた。

 高崎市等広域消防局などによると、バイク2台が滑って転倒し、1人が軽傷を負った。「白い液体が漏れている」などと119番通報があったという。高崎署が原因を調べている。

 液体の除去作業などのため、上り線は同5時半ごろから、上並榎町信号交差点-和田橋信号交差点の約2.3キロの区間で全面通行止め。国道18号と県道高崎駒形線の国道17号上りに流入する車線も共に規制された。いずれも同10時半に解除された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事