仏像彫刻に思い「千の風」も歌う 辯才天の集いに歌手・仏師の秋川さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 歌手で、仏像を彫刻する仏師でもある秋川雅史さん=写真=を招いた「辯才(べんざい)天の集い」が10日、群馬県前橋市池端町の天明寺(鈴木辨望住職)で開かれ、檀家(だんか)や地元住民ら約300人が集まった。

 秋川さんは2019年5月、同寺に広島県・宮島の大願寺にある「厳島弁財天」を模して制作した「八臂辯才天坐像(はっぴべんざいてんざぞう)」を奉納。「秋川辯才天」と名付けられた。集いは不定期で開かれており、秋川さんが登壇するのは3回目。仏像彫刻や音楽への思いを語ったほか、代表曲「千の風になって」など3曲を披露した。

 鈴木住職は「天気に恵まれ、穏やかな気候の中、皆さん楽しんでもらえた」と話していた。秋川辯才天の観覧は事前予約が必要。問い合わせは天明寺(☎027-252-1313)へ。(吉越琴野)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事