温泉街泊まって謎解き 観光協会 大人向け高難度20問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
謎解きイベントを告知するチラシ

 渋川伊香保温泉観光協会(群馬県渋川市)は15日から、同温泉街を舞台とする謎解きイベント「猫のハルナとあやかし番頭帖」を行う。伊香保温泉を巡りながら、物語性の高いミッションを自身の力や仲間と協力してクリアしていく体験型イベント。全20問のミッションは「高難度」(同協会)の設定といい、時間をかけて謎を解くため、宿泊需要増につなげたい考えだ。

 猫と温泉が好きな若い女性が主人公。仕事がうまくいかず、飼い猫が行方不明になったこともあって、伊香保温泉に向かった女性が石段街で2本足で立つ猫と出会い、導かれて謎を解くというストーリー。

 同協会によると、ストーリー性が高く、対象は12歳以上。先着5千人が参加できる。所要時間の目安は3時間以上としているが、協会の担当者は「謎の難易度が高い。宿泊し、2日以上かけて挑戦してほしい」と話す。
(奥木秀幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事