3トン主桁、クレーンで運搬 迫力の架設工事 神流・御鉾橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所は15日、群馬県神流町生利の「御鉾みほこ橋」上部工の架設工事をした。巨大な鉄製の主桁をクレーンで運び、すでに架設された部分と固定するなど迫力ある工事が展開された=写真

 この日、工事を受注した業者らがクレーンで約3トンある主桁をつるし、すでに架設された場所まで運搬し、ボルトで固定。横桁を精密に組み合わせる工事などもした。16日も作業を行うという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事