赤ちゃんと触れ合い命の大切さ学ぶ 高崎・豊岡中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 子育て中の母親や乳幼児から命の大切さを学ぶ「赤ちゃん先生プロジェクト」が22日、群馬県高崎市の高崎豊岡中(児島秀貴校長)で開かれ、1年生約60人が赤ちゃんや母親と触れ合い、命の尊さを体感した。

 NPO法人ママの働き方応援隊群馬西校の11カ月~2歳11カ月の子どもとその母親5組が講師を務めた。生徒たちは赤ちゃんを抱っこしたり、手足の大きさ比べをしたりして交流を深めた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事