発芽促す風物詩 多々良沼でヨシ焼き 22.5ヘクタールが赤く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 春の風物詩のヨシ焼きが14日、群馬県の館林市と邑楽町にまたがる多々良沼で行われた。ヨシ原が勢いよく燃え広がる様子を多くの人が見物し、写真に収めていた=写真

 多々良沼自然公園を愛する会(青木雅夫代表)が10年以上前から行っている。会員ら64人が作業に当たり、ガバ沼を含む22.5ヘクタールで枯れ草に火を入れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事