外国人支援へ5カ国語パンフ 前橋国際交流協
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外国人目線で製作された5カ国語のパンフレット

 訪日外国人(インバウンド)の誘客や在住外国人の支援を目的に、前橋市国際交流協会はベトナム語など5カ国語の観光パンフレットを作製した。各言語を母国語とする外国人が取材、編集に当たり、ご当地感あふれる一冊に仕上げた。

 製作したのはベトナム語に加え、インドネシア、ポルトガル、韓国、スペインの各言語。いずれも市内在住者が増えている国の公用語で、留学者や外国人労働者が編集委員として携わった。

 韓国語版は温泉特集に多くのページが割かれ、ブラジルの公用語でもあるポルトガル語版ではサッカーJ3ザスパクサツ群馬を取り上げたりと、内容もレイアウトもそれぞれ異なっている。

 同協会で配布するほか、ホームページで閲覧できる。海外の観光関係者への配布に加え、在住外国人から現地の知人へのアピールにも活用してもらう考え。

 5種類とも日本語訳が添えられており、担当者は「外国人から見た前橋の魅力が詰まっている。市民にとって再発見もあるのでは」と話している。

 問い合わせは同協会(電話027-243-7788)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事