一面黄色丘染まる 高崎で菜の花祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市鼻高町の鼻高展望花の丘に植えられた約30万本の菜の花やチューリップ、パンジーが見頃を迎えた。訪れた人が黄色に彩られた丘陵地の景色を楽しんでいる=写真

 NPO法人鼻高町をきれいにする会(戸塚実理事長)が4ヘクタールの遊休農地を活用し、草花を植えて管理。今年は例年より1週間ほど開花が早いという。5月6日まで「菜の花祭り」が開かれており、土日祝日はコスモスなどの種のプレゼントや菜種油絞りの実演が行われる。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事