居場所づくりの大切さ 住民が地域活性化学ぶ 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地域活性化について理解を深めようと、群馬県玉村町ふるハートホールで15日、「玉村町自治まちづくり広場」が開かれた。介護や子育て支援事業に取り組む認定NPO法人じゃんけんぽん(高崎市)理事長の井上謙一さんが居場所づくりの大切さを訴えた=写真

 井上さんは、趣味などを通じて人が集まる場所をつくり、高齢者の社会参画を促す工夫を紹介。「行政だけでは対応しきれない課題に住民が主体的に関わっていくことが大切」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事