個人情報流出で第三者委 初会合で委員委嘱 前橋市教委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前橋市教委のサーバーが不正アクセスを受け児童生徒約2万5000人分の個人情報が流出した可能性が高い問題で、市教委が設置した第三者委員会の初会合が16日、前橋総合教育プラザで開かれた。弁護士の小暮俊子氏(62)と、群馬大総合情報メディアセンター教授の横山重俊氏(60)、情報セキュリティー専門業者「ディアイティ」の青嶋信仁氏(57)が委員を委嘱された。

 市教委によると、不正アクセスされた公開用サーバーのデータ解析作業は4月中に終了する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事