八幡山古墳の歴史解説 生涯学習奨励員が総会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市生涯学習奨励員連絡協議会(大井常利会長)は15日、前橋プラザ元気21で本年度の総会を開き、1年間の予算や事業計画を承認した。8月に恒例の「生涯学習フェスティバル」を開くことなどを決めた。

 総会後の研修会では、元群馬大教授の梅沢重昭さんが「前橋の生い立ちを探る」と題して講演し、約130人が聞き入った=写真。前方後方墳としては全国有数の規模を誇る、国指定史跡「八幡山古墳」(同市朝倉町)の歴史的な価値を解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事