四万温泉で撮影の映画「まく子」 父親役に草彅剛さん 日活が発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「まく子」に出演する、左上から時計回りに草彅さん、山崎さん、新音さん、須藤さん(提供写真)

 直木賞作家、西加奈子さん原作で、群馬県中之条町の四万温泉などで撮影が行われた映画「まく子」に、草彅剛さん(43)が主人公の小学生の父親役で出演すると、配給の日活が16日、発表した。草彅さんは2016年末のSMAP解散後としては2作目の映画出演となり、全国的にも注目されそうだ。同温泉協会は「四万温泉の知名度アップにもつながる」と期待している。映画は来年、公開される予定。

 作品は小さな温泉街に住む小学5年の主人公、慧(さとし)が不思議な魅力を持つ美少女転入生のコズエと出会い、思春期ならではの葛藤を抱えながら成長していく姿を描いた。慧は山崎光さん(14)、母親は須藤理彩さん(41)、コズエは新音(にのん)さん(13)がそれぞれ演じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事