障害者理解へ県が冊子配布 特性や配慮を紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
障害者への配慮を紹介するハンドブック

 障害の有無にかかわらず住みやすい社会を目指し、群馬県は一般向け冊子「心をつなぐハンドブック」の配布を始めた。障害ごとの特性や、周囲の人が必要な配慮をイラスト付きで紹介している。担当者は「多くの人に活用してほしい」と呼び掛けている。

 冒頭に「障害のある人は、周囲の理解や配慮があればできることがたくさんある」とのメッセージを掲載。視覚障害者のため点字ブロックの上に物を置かないことや、エレベーターの乗り降りで車いす利用者を優先することなど、一般の人も気を付けるポイントを説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事