群馬大 幕張で自動運転実験 公道2キロ 千葉市、イオンと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉市の幕張地区で行われた自動運転車の実証実験=24日午前

 千葉市、群馬大、流通大手イオン(同市)は24日、同市の幕張地区で、自動運転車を公道で走らせる実証実験をした。イオンはこの地区にイオンモール幕張新都心があることから、初めて公道での実験に参加した。

 実験区間は幕張メッセ国際展示場からイオンモールの約2キロ。群馬大が改造したトヨタ自動車のミニバン「アルファード」を使い、ハンドルやブレーキなど複数の操作を自動化した「レベル2」の状態で行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事