ヒーロー音楽で不審者撃退 下久保ダムの警報器、特撮聖地らしく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警報器を指さし、不審者撃退に意気込むご当地ヒーロー「鬼神戦隊ダムセイバー」

 正義の味方が不審者を撃退―。群馬県藤岡市と埼玉県にまたがる下久保ダムの管理所は、ご当地ヒーローの主題歌が自動的に流れる警報装置を設置した。施設へのいたずら被害などに悩む担当者は「ヒーローとダムファンの力を借りて対策を強化したい」と意気込む。

 両県側の入り口にそれぞれ装置を設置した。午後8時~翌朝6時の間に人や車が通過すると、黄色い警告灯とともに音が鳴る仕組みだ。本県側からは同ダムのご当地ヒーロー「鬼神戦隊ダムセイバー」の主題歌「ウォーターファンタジア」が、埼玉県側からはダムの満水をたたえる「ジョージマン音頭~チャージ卿も忘れずに~」が流れる。

 同ダムは宇宙刑事ギャバンや仮面ライダーなどの撮影に頻繁に使われ、特撮の聖地として注目されている。「ダムセイバー」は特撮愛好家らのアイデアで生まれ、地域を盛り上げようと昨年10月から活動している。

 同ダム周辺では数年前から、施設への不法侵入や落書きなどが後を絶たないという。担当者は「マイナスイメージのうわさが広がって困っている。陽気な音楽で周辺の雰囲気を明るくできればいい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事