天井崩れ臨時休校 高崎東小で水漏れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水が漏れ、天井が落ちた教室

 5日午前6時ごろ、群馬県高崎市弓町の高崎東小近くの人から「校舎が水浸しになっている」と高崎署に通報があった。3階トイレの水道管の接続器具が外れたことが原因とみられ、階下の教室が水浸しになっていた。5日は臨時休校にして対応を協議。6日も休校にするほか、7日以降は学年別に他校の空き教室と公民館で授業を行うことを決めた。

 市教委などによると、通報を受けて駆け付けた署員が、校舎3階の女子トイレが漏水しているのを見つけた。約10分後に連絡を受けた男性教頭が現場を確認し、松下広美校長に報告。教室や玄関が水浸しになったほか、一部の教室は天井板が落下するなど被害が大きかったことから、休校を決めた。保護者にはメールで休校を知らせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事